2010年03月17日

ECHO BEACH エコー・ビーチ

サーフカルチャーサーフィンdvd ECHO BEACH エコー・ビーチ'80年代のサーフィンファンはもちろん、カルチャーやファッション、サウンド面にも興味がある方も楽しめる

過激な'80年代のサーフシーンを映したファン必見サーフ作品「ECHO BEACH」!! 1980年代、カリフォルニアのニューポートビーチは数多くのサーフィン革命家や起業家を生み出し、世界のサーフィン産業に影響を与える中心地として発展途上にあった。 そこで生活しているサーファーはそれぞれ異なる背景を持ち、特異な感覚でファッションとサーフィン、または音楽とサーフィンを融合させ、革新的なスタイルを生み出していた。 彼らの世界観の拡大は音楽や若者文化に影響を与えるとともに、QUICKSILVER(クイックシルバー)やSTUSSY(ステューシー)、Rip Curl(リップカール)、ウェイブ・トゥールスといったサーフィン企業にも大きく影響を与えた。 新しいコンセプトのボード、派手なウエットスーツ、カラフルなアパレルなどがそれで、多くのサーフカンパニーがグローバル企業へと成長していった。そんな一連のムーブメントを映像としてまとめた作品がこの『Echo Beach』!! タイトルのエコー・ビーチは、ニューポートの52ストリートから56ストリート間に渡る100ヤードの海岸線を示し、ここにサーファー、シェイパー、フォトグラファー、メディア、アパレルメーカーの多くが集約されていた。 プロデューサーはステファン・ジェレミアス。'03年にリリースされた『Singlefin Yellow』の制作スタッフとして手腕を発揮し、『StyleMasters』でプロデュースを務めた人物。今もって新鮮な'80年代の映像と、当時を振り返るインタビューで本編は展開していきます。 出演陣の顔ぶれも豪華で、リッチー・コリンズやジェフ・パーカー、PTといったプロサーファーから前クイックシルバーのCEOボブ・マックナイト、ボブ・ハーレー、モダン・アミューズメントの設立者ジェフ・ヨコヤマ、ショーン・ステューシーなどなど。'80年代をEcho Beachで過ごし、数多くのトレンドを発信してきた人物たちが集結。ボードの進化でマニューバーが過激になり、パフォーマンスがエンターテイメント性を強めてきた'80年代。時代の安定性もあり、サーフィンがビジネス化していく時代を映した作品です。'80年代のサーフィンファンはもちろん、カルチャーやファッション、サウンド面にも興味がある方も楽しめる1本になっています!!


★詳しいこととお買い求めはこちらから★

【関連する記事】
posted by ボブ at 19:59| サーフカルチャー サーフィンdvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。